クレジットカードは年会費無料を選びました

私はお金があまり無い学生だったのですがクレジットカードを作りたいと思いました。ですから年会費が無料になるような学生用のクレジットカードを作ることにしました。しかし、私はそれができませんでした。色々なカードを吟味した結果、年会費が1500円くらいのカードを作ることにしました。このカードはポイントも付与されますし、良いことが多いと思ったので作ることにしました。しかし、カードを作ってから数年経過すると学生用のカードが無くなるという通知がやって来ました。そして、年会費が増えたのです。たしか3000円くらいになりました。私はそんなに高い年会費を支払うことができないと思ったので、クレジットカードを解約してしまいました。どれだけ良い機能が付いていても、今の時代には年会費が無料のクレジットカードは沢山ありますからね。

クレジットカードを上手く管理できている

 今の私は、クレジットカードの支払いが毎月まるで山のようにジグザグで上下しています。それは、偶数月だと支払い額が多くなり、奇数月だと支払額が少なくなります。いろいろな支払いの兼ね合いでそうなっているのですが、そのジグザグはほぼ一定のリズムなので家計の計画を立てやすいです。 公共料金をクレジットカードで支払っているのでそのリズムはほぼ変わりませんし、きっちりと理解できていればお金のやり繰りを上手くすることができます。クレジットカードはいつ請求が来るのかわからないと困ることが多いですが、今の私にそのストレスはありません。 クレジットカードでショッピングすることがもともと少ないという事情もありますが、自分では管理できていると納得しています。

クレジットカードの基本の「き」

クレジットとは、日本語では「信用」という二文字になります。利用者とクレジット会社の信用で成り立つサービスであり、信用がある前提で、お金を立て替えてもらえるサービスを利用できるカードがクレジットカードです。利点はいくつもあります。現金がなくても買い物ができるというのは様々なシーンで有効です。○○を買いたいから、現金を財布に入れていかなくてはいけないと計算する手間も省けますし、普段の買い物でも財布に現金を補充していないというミスがあっても、クレジットカードが助けてくれます。また、高額商品をすぐに欲しいと思って、手持ちが足りない、または貯金も足りないという場合であってもボーナスが入った時に支払えたり、給料日に支払うことが可能になるために欲しい物を待たずに購入し、お金が集まる前に先んじて使用することができるのも大きな利点です。クレジットカードには様々なブランドというものがあるんですが、有名なMasterCardやVISAといったブランドのクレジットカードであれば世界でも通用します。国内の買い物はもちろん、出張や旅行で出かけた海外ではさらに活躍してくれることでしょう。注意点としては「信用」が必要であることから、クレジットカードを所持するためには審査を通過しなければなりません。高所得者などの特定の人を狙った特殊なクレジットカードではない一般的なクレジットカードならば、一定の安定した収入があれば審査は通過できるはずなので、社会人であれば問題ないはずです。学生向け、その他の人向けのクレジットカードもありますから、自分に合ったクレジットカードを探してみてください。計画的な返済が一番重要なポイントです。とにかく便利ではありますが、目に見えない所でお金が動く仕組みです。計画的な利用を心がけ、使いすぎだけは注意しましょう。

クレジットカードの仕組みとメリット

クレジットカードの普及率は伸びていて、コンビニでもカード決済ができるようになっていますのでカードがあれば現金要らずの買い物ができてしまうという実に便利なカードです。信用という意味の英語のクレジットは確かにカード会社、そしてお店、そしてカードを使う人の間に信用の関係が成り立っていることで利用できるシステムとなっています。お店としてはクレジットカードのシステムを導入することでより多くの集客を見込めますし、カードゆえにたくさん買い物をしてくれやすくなるのです。手数料はお店がカード会社に支払うのですがそれでもメリットは大きいのです。一方カード会社は買い物してくれたお客が払うべき費用を一時的に立て替えるのですが、お店側から手数料を受け取ることになるので利益が生まれることになります。そして後日お客が指定している銀行口座から引き落としという形で費用の請求がなされるということになります。このようにカード会社とお店、そしてクレジットカードを持つ人たちにはメリットがあり、信用があるので機能していて普及しているのです。カードが発行されると、海外でも現金なしで買いものができたり、カード自体に海外旅行障害保険が付帯されていることもあります。ポイントは貯まっていきますし、面倒な現金のやりとりがないので手が汚れないなどメリットばかりのようにも思えますが、クレジットカードだとつい必要のないものまで買ってしまいやすいので注意が必要です。

クレジットカードの作り方について

クレジットカードを持っていれば手持ちのお金がなくても買い物をすることが出来ますから、とても便利なのです。このカードを持っているだけで生活が便利になります。しかし、それを作るためには多くの手続きを行わなければならないのです。まず最初に行うことはカード会社に申し込みを行うことです。この時に書類が送られてきますので、それに記入をします。身分を証明するもののコピーも用意する必要があります。その後に査定をしてもらうことになります。査定の基準としてはしっかり仕事をしていて収入が安定しているかどうかが決め手となります。会社員として長期間まじめに勤務をしているならば、審査を通過することは難しくありません。アルバイトは審査を通過することが難しいものです。ですが、アルバイトの場合であってもまじめに仕事をしていて、その仕事をしている期間が長いならば評価をされることがあります。何れにせよクレジットカードを使った時の返済をしっかりと行うことが出来るかどうかがポイントとなります。昨今では銀行のカードにクレジット機能を持たせることもできます。どのクレジットカードを作ればよいかについては、参考サイト(クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!)を見て、自分に合ったカードがいいと思います。クレジットカードは大きく普及をしてきたと言えます。しかし、無駄遣いをしてしまうと後で返済をすることが難しくなってしまいます。

信頼の上に成り立つしくみ

「クレジット・カード」のクレジットという言葉には、元々、信用・信頼という意味があり、その点からわかることは、このカードのしくみが信用の元に成り立っているということです。まずカード会社は、信用の元に、利用者にカードを発行します。そのため、カード発行時には、身分証明や、カードによっては、定職についていること、一定額以上の年収があることなどが条件となります。カード会社が、独自に設けている基準を通過すれば、カードが発行され、最短では、申し込みから1週間ほどで、カードが書留郵便で届きます。利用する際は、カードに表示があるマーク(JCB/VISA/AMEXなど)と同一表示のあるお店の買い物や食事の際に、カードで支払うことが出来ます。これは、カード会社と、お店の間で、信用の元に契約がされているからです。利用時には、料金を確認した後、サインを求められる場合と、カードを申請した際に登録した暗証番号を手元の機械に入力を求められる場合、また大手のスーパーやコンビになどではサインも暗証番号もなしで使用できる場合もあります。この段階では、利用者は、まだお金を払っているわけではなく、カード会社が料金を立て替えてお店に払ってくれていることになり、後日、カード申請時に利用者が指定した銀行や郵便局の口座から、通常は一か月分をまとめて引き落としになります。

本当にお得なクレジットカードを見分ける

クレジットカードには様々な種類があります。みんなが持っているから、お得だと聞いたから、という安易な理由でクレジットカードを決めると、後からよく考えると実は損をしていたということもあるので、クレジットカードを作るときは注意が必要です。私の周りに空港会社系のクレジットカードを持っている人が結構いたので、私も特に他のカードなどをチェックしたりせずにみんなと同じカードを使っていた時がありました。みんなマイルがたまるから嬉しい、と言っていたので私もたまったマイルを使うのを楽しみにしていました。しかしこの航空会社系のクレジットカードは実は年会費や入会費がかかることが多く、私の使っていたカードもクレジットカードを利用して1年で100万円以上の支払いがないと、お得にはならないカードだったのです。よくよく友人の話を聞くと旦那さんが出張が多く、飛行機をよく利用するのでマイルもたまりやすいということを知りました。他にも年会費、入会費無料でポイントが貯まりやすいので、あるネットショップのクレジットカードをメインカードにしていたけど、よく考えてみるとそのサイトでしかポイントが使えず、あまりそのサイトで買い物をすることがなく、ポイントを貯めるだけ貯めて結局無駄にしたという人もいます。自分がどのような方法なら一番お得になるかをよく吟味してクレジットカードを決めるべきです。

クレジットカードのポイント還元と節約

クレジットカードにはポイント還元という特典があります。カードを使って支払いをした場合に、その支払い額に応じたポイントが加算されていき、溜まったポイントを交換することができるという制度です。このポイントはカード会社で提供されている商品のほか、商品券やクレジットカード利用料からの割引に交換することができる場合もあります。何と交換できるかはそれぞれのクレジットカード会社によって異なります。また商品券や割引等、現金に類似した形で交換する際の還元率というものもクレジットカード会社によって異なってきます。このポイント還元を活かすことによって、微々たるものではありますが、実質的な値引きを得ることができます。クレジットカードが利用できるのは各種ショッピングのほかに光熱費や携帯電話料金の支払いなどがあります。中には電子マネーへのチャージにポイントが付加されるカードもあり、それを活用することによって、税金等の支払いにポイントを付加させ実質的な値引きを得られる場合さえあります。具体的にはそれぞれのカードによって異なってきますが、このポイント還元制度を活用することによって、本来値引きができないはずのものから値引きを得られることになりますので、長期的に見て行った時に節約に役立つと言えるでしょう。

作る前にこれだけは知っておきたいクレジットカードの基礎知識

クレジットカードを作る前にこれだけは知っておきたいクレジットカードの基礎知識についてお伝えします。クレジットカードをつくる場合、あらかじめ審査を受ける必要があります。審査項目は大きく分けて3つあります。具体的には「安定した収入があるかどうか」、「返済する能力があるかどうか」、「住所がはっきりしているか」です。この3点の審査項目で評価しようとしているのは、ずばり利用者の「信用」です。クレジットカードとは一時的にカード会社が利用者の支払いを肩代わりするシステムであるため、利用者がその支払いを踏み倒すようでは困ります。そのため、事前にしっかりチェックし、不適格と判断する人物にはカードの発行を行わないということになります。また、クレジットカードをつくる際には、必ず年齢を申告する必要があります。カードは18歳からつくることができますが、未成年の場合親の同意が必要です。ただし、18歳以上であっても、高校生の場合は原則カードをつくることはできません。また、カードの中には年会費がかかるものがあります。ですので、カードをつくる際には、年会費無料のものを選ぶか、あらかじめ年会費がいくらかかるのか確認しておくことが後々トラブルを回避する上で大切になります。以上説明を終わります。

クレジットカードで利用できる支払い方法

クレジットカードを使って買い物をすると、その場での現金の支払いをする必要がなくなります。その代わり後日カード会社から利用金額の請求が行われるのですが、カードによって数種類の支払い方法から選択できるようになっています。クレジットカードで利用することが出来る一般的な支払い方法は、一括払いや分割払い、ボーナス一括払い、リボルビング払いです。一括払いはショッピングにおける利用金額をまとめて一度で支払う方法です。分割払いの場合は、選択した支払い回数に分けて少しずつ支払うことになります。ボーナス一括払いを選択すると、カード会社が規定しているボーナス月に一括で支払う仕組みになっています。少し大きな買い物をして支払いが苦しいことが予想される場合は、ボーナス一括払いを選択する方も多いでしょう。リボルビング払いを選んだ場合は、毎月決まった金額だけを支払っていくことになります。意味合いとしては分割払いと似ていますが、リボルビング払いは支払い回数によって毎月の金額が決まるのではなく、毎月の金額が先に決められているのです。高額な買い物をしても毎月の支払い金額を一定に保つことが出来るので、支払い負担を抑えたい方には便利な支払い方法だと言えるでしょう。ただし、分割払いやリボルビング払いを利用した場合は手数料や金利がかかるので注意も必要です。