クレジットカードについて知っておきたいこと

クレジットカードは使い方を誤らなければ、本当に便利なカードです。ではクレジットカードとは一体何なんでしょうか。クレジットカードの最も便利な点は、現金の持ち合わせがなくても、欲しい商品を購入できるという点です。実は恥ずかしながら私は給料日前になると、かなり生活が苦しくなることがあり、スーパーなどで千円未満のものもクレジットで買い物をしてしまう時があります。最近ではデパートなどはもちろん、小さなスーパーなどでもクレジットカードが使えるお店が増えているので、本当に助かっています。レストラン、ガソリンスタンドなど探せば大抵のものはクレジットカードで購入できるのです。翌月か翌々月あたりに、口座引き落としで支払うことになります。ここで注意したいのが、クレジットカードは現金が減っていく実感がないのでつい使いすぎてしまい、翌月の返済額を見て驚愕する場合があるということです。サイトなどでカードの履歴や翌月支払い予定額などがチェックできるので、しっかりカードでいくら使ったかを把握しておかなければとんでもないことになります。大きな金額のものを買うこともクレジットカードならできます。極論を言えば手持ちのお金がなくてもブランド物のバッグなども買うことができるのです。翌月支払うことになるのですが、一括で払えない場合はリボ払いという方法があります。毎月決まった金額を支払う、簡単なローンのようなものです。しかしリボ払いは手数料が結構取られるので、総額で考えると結構割増しで支払うことになるので、あまりおすすめできません。このようにクレジットカードは本当に便利ですが、計画的に使わなければなりません。

クレジットカードの基本的な注意点

普段の買い物は勿論、インターネットを使用した買い物、光熱費の支払いなどでも大活躍するクレジットカード。ポイントが付いてお得だからと積極的に利用している方も少なく無いと思います。最近では審査が比較的簡単になっており、学生や主婦でも作成できるクレジットカードも増えています。そのためカード人口は増加していることでしょう。しかしそんな便利で手軽なクレジットカードだからこそ、注意しなければならない点があります。それは使いすぎてしまうということです。クレジットカードというものは基本的には翌月ないし翌々月に請求がくるものです。それまでにきちんと引き落とされる口座にお金が入っていれば良いのですが、それを怠ってしまった場合支払いができなくなってしまいます。残高が不足していると最悪ブラックリストに載ってしまい信用がガタ落ち、なんて事も。また、カードが届いたら真っ先に裏面にサインすることも重要です。もしも落としてしまったり盗難にあってしまった場合、悪用されてしまうかもしれないからです。サインをしておくことによって盗難保険の対象となり、自身の負担がなくなるのですから持ち歩かない場合でも面倒臭がらず、しっかりとサインするようにしましょう。

クレジットカードの利用履歴

クレジットカードを持ったことのない人の中には、クレジットカードを持つことによってお金を使いすぎてしまうのではないかという心配を抱いている方もいるでしょう。確かに現金とは違ってクレジットカードは目に見えて減っていくものがありませんので、現金での支払いに比べて、いくらお金を使ったかということが分かりにくいというデメリットはあります。しかし一方でクレジットカードで支払いすることによってポイント還元を得られることができますし、現金支払いでは得られないようなメリットが得られるというのも事実です。

クレジットカードで支払いをしながら現金の管理をしていくにあたっては、①利用の度家計簿をつけていくこと、または②利用の度現金を封筒などに入れていく、などの工夫が有効かもしれません。その都度の手間はかかりますが、このような方法を用いることによって、いくら使ったかわからなくなるということもなくなるでしょう。また現金払いだったとしても無駄使いをしてしまう方はいます。クレジットカードの支払いに限らず、お金を支払うたびに細かく家計簿をつけていくことは、自分の金銭管理の把握にも繋がりますし、ゆくゆくは節約にも繋がってくると言えます。