クレジットカードの仕組みとメリット

クレジットカードの普及率は伸びていて、コンビニでもカード決済ができるようになっていますのでカードがあれば現金要らずの買い物ができてしまうという実に便利なカードです。信用という意味の英語のクレジットは確かにカード会社、そしてお店、そしてカードを使う人の間に信用の関係が成り立っていることで利用できるシステムとなっています。お店としてはクレジットカードのシステムを導入することでより多くの集客を見込めますし、カードゆえにたくさん買い物をしてくれやすくなるのです。手数料はお店がカード会社に支払うのですがそれでもメリットは大きいのです。一方カード会社は買い物してくれたお客が払うべき費用を一時的に立て替えるのですが、お店側から手数料を受け取ることになるので利益が生まれることになります。そして後日お客が指定している銀行口座から引き落としという形で費用の請求がなされるということになります。このようにカード会社とお店、そしてクレジットカードを持つ人たちにはメリットがあり、信用があるので機能していて普及しているのです。カードが発行されると、海外でも現金なしで買いものができたり、カード自体に海外旅行障害保険が付帯されていることもあります。ポイントは貯まっていきますし、面倒な現金のやりとりがないので手が汚れないなどメリットばかりのようにも思えますが、クレジットカードだとつい必要のないものまで買ってしまいやすいので注意が必要です。

Comments are closed.