クレジットカードの基本の「き」

クレジットとは、日本語では「信用」という二文字になります。利用者とクレジット会社の信用で成り立つサービスであり、信用がある前提で、お金を立て替えてもらえるサービスを利用できるカードがクレジットカードです。利点はいくつもあります。現金がなくても買い物ができるというのは様々なシーンで有効です。○○を買いたいから、現金を財布に入れていかなくてはいけないと計算する手間も省けますし、普段の買い物でも財布に現金を補充していないというミスがあっても、クレジットカードが助けてくれます。また、高額商品をすぐに欲しいと思って、手持ちが足りない、または貯金も足りないという場合であってもボーナスが入った時に支払えたり、給料日に支払うことが可能になるために欲しい物を待たずに購入し、お金が集まる前に先んじて使用することができるのも大きな利点です。クレジットカードには様々なブランドというものがあるんですが、有名なMasterCardやVISAといったブランドのクレジットカードであれば世界でも通用します。国内の買い物はもちろん、出張や旅行で出かけた海外ではさらに活躍してくれることでしょう。注意点としては「信用」が必要であることから、クレジットカードを所持するためには審査を通過しなければなりません。高所得者などの特定の人を狙った特殊なクレジットカードではない一般的なクレジットカードならば、一定の安定した収入があれば審査は通過できるはずなので、社会人であれば問題ないはずです。学生向け、その他の人向けのクレジットカードもありますから、自分に合ったクレジットカードを探してみてください。計画的な返済が一番重要なポイントです。とにかく便利ではありますが、目に見えない所でお金が動く仕組みです。計画的な利用を心がけ、使いすぎだけは注意しましょう。

Comments are closed.